大田区でおすすめの格安バーチャルオフィス

この記事では、「羽田空港第1ターミナルでおすすめのバーチャルオフィス(格安も含めて)」について、ランキング形式で9店お伝えしていきます。

なるべく費用をかけないで起業あるいは副業をお考えなら、きっと参考になるはずです!

大田区のバーチャルオフィス一覧

大森 蒲田 流通センター 昭和島 整備場 天空橋 羽田空港第3ターミナル 新整備場 羽田空港第2ターミナル 西馬込 馬込 平和島 大森町 梅屋敷 京急蒲田 糀谷 大鳥居 穴守稲荷 羽田空港第1・第2ターミナル 雑色 六郷土手 北千束 大岡山 長原 洗足池 石川台 雪が谷大塚 御嶽山 久が原 千鳥町 池上 蓮沼 田園調布 多摩川 沼部 鵜の木 下丸子 武蔵新田 矢口渡 

【比較あり】羽田空港第1ターミナルの格安バーチャルオフィスおすすめランキング9選

羽田空港第1ターミナルでバーチャルオフィスをお探しならコストは低くしたいもの。とくに起業時の費用はできるだけ抑えたいですよね。

そこでここからは、コストパフォーマンスが良いおすすめのオフィスを紹介していきたいと思います。

1位:GMOオフィスサポート (羽田空港第1ターミナル:都内4ヶ所から住所選択可)

オフィスタイプ バーチャルオフィス・ワークスペース(提携先の紹介)
初期費用 0円
保証料 0円
郵便転送料 0円(150g以内)
郵便転送間隔 月1・隔週・週1
登記場所
(東京23区)
渋谷・新宿・銀座・青山
月額利用料
(住所のみ)
転送なしプラン:990円
月額利用料
(登記も可)
  • 月1転送プラン:1,650円
  • 隔週転送プラン:2,200円
  • 週1転送プラン:2,750円
基本サービス
(登記プラン)
登記住所の利用・郵便転送(150g以内)・LINEによる郵便通知・事業計画書フォーマット提供がコミコミ
※オプション/郵便物の重量やサイズ、量により別途料金が発生
貸ワーク
スペース
提携先を紹介
※トーキョーサンマルナナ株式会社と要契約
ワークスペース
利用料
Threesの利用料金5%~の割引で使用可
ビジネス支援
サービス
GMOあおぞら銀行の口座開設・法人or 個人事業主口座の開設申込みに利用できる事業計画書のフォーマット提供・会計サービスの提供・ドメインとメールアドレスの提供・固定電話番号のご案内・電子印鑑の紹介・司法書士の紹介・ビジネスクレカ作成・法人設立印鑑セットの提供・名刺提供

※価格は税込表示

羽田空港第1ターミナルの1位は、GMOオフィスサポート です。

GMOオフィスサポート は、コミコミ料金だからわかりやすいGMOのバーチャルオフィスプラン。GMOというグループのメリットを活かしたサービスも魅力の1つです。

軌道に乗るまでは固定費をなるべく抑えたいと考えている賢い人にはオススメ!ネットショップの住所表記だけでよければ、GMOの転送なしプランが格安級!もちろん、登記が可能なプランも最安級なんです^^

羽田空港第1ターミナルから本サービスの利用は可能。できるだけコストを抑えて事業を開始したいという人にはオススメだったりします。

早ければ1~2日で利用開始できるので、お急ぎなら申し込んでみてください。

おすすめポイント!
  1. とにかく安い!住所のみ利用できる格安級プラン(990円/月)あり!
  2. スモール起業の強い味方!ビジネス支援サービスがとっても充実してる!
  3. コスパが良い!月額費用に「住所利用料+郵便転送料(一部除く)」も含まれる!

2位:ユナイテッドオフィス (羽田空港第1ターミナル:都内8ヶ所から住所選択可)

オフィスタイプ バーチャルオフィス・貸会議室(全拠点利用可)・コワーキングスペース(銀座つなぐば)
初期費用 6,600円(初回登録料として)
保証料 1ヶ月分 ※クレカ利用の場合は不要
郵便転送料 別途実費(転送手数料は無料)
郵便転送間隔 週末1回
登記場所
(東京23区)
東京日本橋・銀座・南青山・表参道・虎ノ門・西新宿・渋谷・池袋
月額利用料 2,310円
基本サービス 住所利用、法人登記・郵便受取と管理(着払いは2,000円以下)・郵便週末転送(要ネコポス料金)
※デジポット不足の場合、郵便物の受取できなくなります。
貸会議室 東京日本橋・銀座(2ヶ所)・南青山・表参道・虎ノ門・西新宿・渋谷・池袋
貸会議室
利用料
250円/30分より
契約オフィス以外の利用は、1室550円~/1時間
コワーキング
スペース
銀座つなぐば 平日 10:00~18:00/初回1時間550円(会員は330円)以降 30分275円(会員は165円)
※1名あたりの金額
ビジネス支援
サービス
申請書類作成から手続き代行5,500円(月10社限定)・海外郵便転送・03専用電話番号、転送サービス(要通信費&送信費)・共有FAX受信・電話秘書代行(月20コールまで無料)

※価格は税込表示

羽田空港第1ターミナルの2位は、ユナイテッドオフィス です。

ユナイテッドオフィス は、UCFで提供されてるバーチャルオフィスは自社ビルで運営。03発着信や内線もスマホで可。自宅にいながら事務所機能が利用できます。

なるべく費用を抑えて起業したいという人にオススメ!ユナイテッドオフィス のバーチャルオフィスは、打合せスペースやコワーキングスペースも使いたいときに安く利用できます。

羽田空港第1ターミナルに店鋪はないため、許認可が必要な業種では難しいかもしれませんが、そうでなければコストの削減ができていいかなと♪

お急ぎならチェックしてみてください。早ければ1~2日で住所利用できます。

おすすめポイント!
  1. 月額で住所利用・法人登記・法人口座開設ができる
  2. 厳密な入会審査と15年以上の運営実績があるから安心して利用できる
  3. 落ち着いたオフィスとどこでも利用できる会議室。専門職の方に人気!

3位:レゾナンス (羽田空港第1ターミナル:都内4地域の住所選択可)

オフィスタイプ バーチャルオフィス・貸会議室
初期費用 5,500円(入会金として)
保証料 1,000円(デポジットとして)
郵便転送料 別途実費(デポジットより差し引き)
郵便転送間隔 毎週末にまとめて(即日転送のオプションあり)
登記住所
(東京23区)
浜松町・銀座・西新宿・神宮前
月額利用料
  • 住所貸しプラン:1,650円/月
  • 住所貸し+転送電話プラン:3,850円/月
  • 住所貸し+電話秘書プラン:6,050円/月
基本サービス 住所利用・法人登記・郵便の毎週末転送・会員専用サイト・銀行紹介
※郵便物の送料(200円~)、書留郵便や宅急便の受取料(1件300円)がデジポットより差し引かれます。
貸会議室 浜松町・銀座・西新宿・神宮前
貸会議室
利用料
1,100円/1時間 延長料金 550円/30分
※会員利用の場合
オプション 郵便物都度転送・プライベートロッカー・転送電話(着信のみ)・03発着信・電話秘書代行・電話秘書代行内線取次・共有FAX・専用FAX・フリーダイヤル・報告オプション・屋号追加
ビジネス支援
サービス
法人口座開設の紹介・法人クレジットカード紹介・ホームページ制作会社紹介・各種士業の紹介・創業支援

※価格は税込表示

羽田空港第1ターミナルの3位は、レゾナンス です。

レゾナンス は、住所登記と郵便物の転送がセットになったプランを低価格で提供。屋号での登録や法人契約への切替も無料。個人事業主ならオススメです。

事務所を探している余裕や時間もない人は、ひとまず本サービスを利用してみるといいかも。レゾナンス のバーチャルオフィスを利用すれば、毎月の経費が抑えられます。

羽田空港第1ターミナルから本サービスの契約は可能。都心の人気エリアの中から住所が選べる。自宅がバレなくて安心です。

早ければ1~2日で利用開始できるのがメリット。お急ぎなら、ぜひ検討してみてください。

おすすめポイント!
  1. 貸し会議室付きのバーチャルオフィス
  2. オプションが10種類以上あり、カスタマイズ性が高い!
  3. スタッフ常駐のバーチャルオフィスで、クオリティを確保!

4位:NAWABARI (羽田空港第1ターミナル:目黒区の住所利用可)

オフィスタイプ バーチャルオフィス
初期費用 11,000円(登記利用の場合)
保証料 33,000円(登記利用の場合)
郵便転送料 別途実費(手数料込)
郵便転送間隔 届き次第、転送
登記住所 目黒区・渋谷区(新規受付停止中)
住所利用料
  • 1ヶ月プラン:1,628円/月
  • 1年プラン:12,936円/年(1ヶ月あたり1,078円)
基本サービス 住所利用、電話要件転送、郵便物受取転送
オプション 目黒区で登記3,300円/月・渋谷区で登記3,850円(新規終了)・電話転送2,728円/月・電話代行3,828円/月・インターネットFAX3,278円
※電話転送等には「初期費用1ヶ月分+保証金33,000円」が別途かかります

※価格は税込表示

羽田空港第1ターミナルの4位は、NAWABARI です。

NAWABARI は、憧れの地としても人気の目黒区の住所が使用できるバーチャルオフィス。登記や会議室を使用しない人にオススメ。費用を抑えてはじめられます。

ビジネスをはじめるにあたって、自宅の住所は公開したくないという人は利用してみて!NAWABARI のバーチャルオフィスなら、手軽にビジネス住所がレンタルできちゃいます。

羽田空港第1ターミナルに店鋪を構えたいとなると本サービスは難しいですが、社長だけなら住所と電話番号があれば当面は問題ないかなと思います。

早ければ1~2日で利用開始できるので、お急ぎなら申し込んでみてください。

おすすめポイント!
  1. 特商法の表記や商品の発送ラベル等に利用可
  2. 最新審査システム(eKYC)採用により最短当日契約が可能
  3. 年払いプランなら1ヶ月あたり1,078円(税込)という安価で利用できる

5位:リージャス (羽田空港第1ターミナル:9区から住所選択可)

オフィスタイプ バーチャルオフィス・コワーキングスペース・レンタルオフィス・貸会議室
登記住所
(東京23区)
千代田区・中央区・港区・新宿区・墨田区・品川区・渋谷区・中野区・豊島区
月額利用料
(目安)
バーチャルオフィスサービス:19,700円/月より
※オープンオフィス麻布十番24ヶ月契約の場合。店舗により異なります。
基本サービス 住所利用・法人登記・郵便の受取・電話番号・メンバーシップ
※メンバーシップは、平日8:30~18:00でフリーアクセスのラウンジ利用可
貸会議室 会員ページよりどの拠点でも予約可
貸会議室
利用料
1時間単位で拠点により料金が異なる
オプション 秘書サービス・電話取次ぎ・プリンター、コピー、FAX
備考 レンタルオフィスやコワーキングスペースが利用できるプランにアップグレードも可能

※価格は税込表示

羽田空港第1ターミナルの5位は、リージャス です。

リージャス は、国内174拠点、東京都心だけでも約50ヶ所展開している。標準的なプランでは、住所利用、郵便・電話の転送がついています。

はじめは固定費を抑えて運営していきたいと考えている賢いあなたにこそ使ってほしい!リージャス のバーチャルオフィスなら、将来的に海外にもビジネス拠点が作れちゃいます。

羽田空港第1ターミナルに店鋪はないので、従業員のいる方には向きませんが、社長だけであれば経費が安くすんじゃいまず♪

まずは公式サイトをチェック。良さそうなら、ぜひ検討してみてください。

おすすめポイント!
  1. シンボルタワーやハイクラスなビルの住所が使える
  2. 敷金や礼金、更新料が不要でオフィスが開設できる
  3. 契約期間中でもプランやオフィスのアップグレードが可能!

6位:Karigo(羽田空港第1ターミナル:20以上から住所選択可)

羽田空港第1ターミナルの6位は、Karigoです。

Karigoは、住所利用や荷物の受取、転送、引き渡しができる。毎月の固定費を抑えてビジネスがはじめられます。

事務所を探している余裕や時間もない人は、ひとまず本サービスを利用してみるといいかも。Karigoのバーチャルオフィスで、毎月の事務所代が節約できます。

一等地の住所なら企業イメージが良くなり、取引先への信用度や口座開設の際にも有利に働く可能性があるのです。

あなたにとって居心地がいいかどうか、見学してみないとわかりません。気になったらぜひ行ってみてください。

7位:ワンストップビジネスセンター(羽田空港第1ターミナル:20以上から住所選択可)

羽田空港第1ターミナルの7位は、ワンストップビジネスセンターです。

ワンストップビジネスセンターは、住所利用だけでなく、03番/050番の電話転送もできる。自宅の住所を使わずにビジネスがはじめられます。

事業に集中したい人に使ってほしい。本サービス利用で、庶務業務をアウトソーシングできちゃいます!ワンストップビジネスセンターは、起業家向けの割引プランも提供しています。

小さくはじめて短期間で立ち上げるようにすれば、まとまった資金がなくてもスタートアップできますよね。

起業家は即行動が大事。もし、少しでも興味があれば、見学してみてはいかがでしょうか。

8位:BIZcomfort(羽田空港第1ターミナル:大森 or 蒲田の住所利用可)

羽田空港第1ターミナルの8位は、BIZcomfortです。

BIZcomfortは、住所利用のほか、コワーキングスペースも使える。プランやオプションも豊富なので必要なサービスだけ利用できます。

なるべく費用を抑えて起業したいという人にオススメ!BIZcomfortなら低コストで事業が開始できます。

いつ使うかわからないのに賃貸契約するのはもったいない。仮想オフィスでも打合せに会議室の利用ができます。

WEBサイトではわからないオフィスの雰囲気、実際に見学してみてはいかがでしょうか。

9位:DMM バーチャルオフィス(羽田空港第1ターミナル:銀座 or 渋谷の住所選択可)

羽田空港第1ターミナルの9位は、DMM バーチャルオフィスです。

DMM バーチャルオフィスは、登記は銀座か渋谷で会議室は提携企業で利用できる。リモートワークや打合せにはタイムシェアリングが利用できます。

初期費用や毎月のコストを抑えたいという方は利用してみてはいかがでしょうか。DMM バーチャルオフィスのバーチャルオフィスで月々の固定費が軽減されるはずです。

小さくはじめて短期間で立ち上げるようにすれば、まとまった資金がなくてもスタートアップできますよね。

まずは公式サイトで料金やサービス内容をチェック。良さそうなら見学に行ってみてください。

羽田空港第1ターミナルでバーチャルオフィスに迷ったら、GMOオフィスサポート が最もおすすめ!

オフィスタイプ バーチャルオフィス・ワークスペース(提携先の紹介)
初期費用 0円
保証料 0円
郵便転送料 0円(150g以内)
郵便転送間隔 月1・隔週・週1
登記場所
(東京23区)
渋谷・新宿・銀座・青山
月額利用料
(住所のみ)
転送なしプラン:990円
月額利用料
(登記も可)
  • 月1転送プラン:1,650円
  • 隔週転送プラン:2,200円
  • 週1転送プラン:2,750円
基本サービス
(登記プラン)
登記住所の利用・郵便転送(150g以内)・LINEによる郵便通知・事業計画書フォーマット提供がコミコミ
※オプション/郵便物の重量やサイズ、量により別途料金が発生
貸ワーク
スペース
提携先を紹介
※トーキョーサンマルナナ株式会社と要契約
ワークスペース
利用料
Threesの利用料金5%~の割引で使用可
ビジネス支援
サービス
GMOあおぞら銀行の口座開設・法人or 個人事業主口座の開設申込みに利用できる事業計画書のフォーマット提供・会計サービスの提供・ドメインとメールアドレスの提供・固定電話番号のご案内・電子印鑑の紹介・司法書士の紹介・ビジネスクレカ作成・法人設立印鑑セットの提供・名刺提供

※価格は税込表示

羽田空港第1ターミナルのバーチャルオフィス、どこにしようか迷ったらGMOオフィスサポート がおすすめです!

GMOでは、初期費用や保証料はなし。郵便の転送費用や簡易書留の受け取りまで月額料金にコミコミ。めちゃくちゃおトクなんです!

住所利用だけでも、法人登記ありでもGMOオフィスサポート のプランは格安級!コスパ重視なら、ぜひチェックしてみてください。

おすすめポイント!
  1. とにかく安い!住所のみ利用できる格安級プラン(990円/月)あり!
  2. スモール起業の強い味方!ビジネス支援サービスがとっても充実してる!
  3. コスパが良い!月額費用に「住所利用料+郵便転送料(一部除く)」も含まれる!

まとめ

ここまで、羽田空港第1ターミナルのおすすめバーチャルオフィスを格安含めて、ランキング形式で9店お伝えしてきました。

本記事で紹介した羽田空港第1ターミナルのバーチャルオフィス。気になるオフィスがあれば、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。